パラ馬術

技の正確さや演技の美しさを競う馬場馬術のみ行われる。選手の障がいや症状は一人一人の選手によって異なるため、障がいに応じてカスタマイズした特殊な道具の使用が認められる。
障がいをもつが故に馬への指示の出し方が難しく、馬と一体となった演技をするには、騎乗する馬との日々のより親密なコミュニケーションが重要になる。

インタビュー動画はこちら ▶

パラ馬術

技の正確さや演技の美しさを競う馬場馬術のみ行われる。選手の障がいや症状は一人一人の選手によって異なるため、障がいに応じてカスタマイズした特殊な道具の使用が認められる。
障がいをもつが故に馬への指示の出し方が難しく、馬と一体となった演技をするには、騎乗する馬との日々のより親密なコミュニケーションが重要になる。

インタビュー動画はこちら ▶

パラ馬術選手
高嶋活士

出身: 千葉県市原市
所属: コカ・コーラ  ボトラーズジャパンベネフィット株式会社

パラ馬術選手
高嶋活士

出身: 千葉県市原市
所属: コカ・コーラ  ボトラーズジャパンベネフィット株式会社

3STEPS

ルール

パラ馬術は普通の馬術競技と違い、障がいの重い方からグレード1。そこから軽い方に向かってグレード5まで、5段階のグレードで競い合います。僕はグレード4になります。
グレード1は常歩だけ グレード2と3は常歩と速歩。グレード4と5は常歩・速歩・駈歩の全て歩法がある競技になります。

  • パラ馬術は普通の馬術競技と違い、障がいの重い方からグレード1。そこから軽い方に向かってグレード5まで、5段階のグレードで競い合います。僕はグレード4になります。
    グレード1は常歩だけ グレード2と3は常歩と速歩。グレード4と5は常歩・速歩・駈歩の全て歩法がある競技になります。

見どころ

パラ馬術に関しては色々な障がいの方がいて、道具を工夫して馬に乗っているので、その道具の工夫を見るのもすごく面白いと思います。その中で綺麗な動きを見れることがとても楽しいですね。僕は特殊な馬具として輪ゴムを使い、右足と鐙(あぶみ)を繋いで、鐙が脱げないようにしています。

  • パラ馬術に関しては色々な障がいの方がいて、道具を工夫して馬に乗っているので、その道具の工夫を見るのもすごく面白いと思います。その中で綺麗な動きを見れることがとても楽しいですね。僕は特殊な馬具として輪ゴムを使い、右足と鐙(あぶみ)を繋いで、鐙が脱げないようにしています。

私にとって馬とは

パラ馬術では人と馬との信頼関係がとても大切になります。僕らは体の使えない部分があるので、その部分をまず馬に分かってもらい、それが無い状態でも馬に正しい動きをしてもらうよう、理解してもらうことが大切です。僕の愛馬ケネディーは、家族同様のパートナーですし、大切な家族の一員だと思っているので、とても僕の中では大切な存在です。僕にとって馬とは、輝かせたい存在です。

  • パラ馬術では人と馬との信頼関係がとても大切になります。僕らは体の使えない部分があるので、その部分をまず馬に分かってもらい、それが無い状態でも馬に正しい動きをしてもらうよう、理解してもらうことが大切です。僕の愛馬ケネディーは、家族同様のパートナーですし、大切な家族の一員だと思っているので、とても僕の中では大切な存在です。僕にとって馬とは、輝かせたい存在です。